【損する前に】車を高く売る方法!交渉術や時期とタイミングが大切!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

買い取り店に車を売りにいく事はそう何度もあることではありませんよね?

正直お客さんで混んでいるお店なら入りやすいけど、誰もお客さんが居なくて何となくお店には入りずらい雰囲気があると思います。

  • 店内にお客が居なくてなんだか入りづらい
  • どんな感じなのか不安
  • 上手いこと丸め込まれて安く買われそう
  • 金額の交渉なんて苦手だ

中古車を高く売るためには交渉する事はさけられません。

交渉が苦手であれば営業マンの言い値の金額で車を売ることになってしまいます。

交渉が苦手の人でも大丈夫です!正しい交渉の方法を知っていれば自信を持って実践できます。

この記事を読めば交渉が苦手な人でも、具体例など交えて解説していきます。少しでも愛車の価値を高値に変える事ができるでしょう。

元店長

某買取店で店長として務めていた私の経験から不安に思っているポイントを丁寧に解説していきます。

Contents

初めから何社か回る前提にする

正直に何社か回ってから決めたいと伝える

下手な駆け引きは逆効果です。

買い取り店自体初めて利用するのであれば、1件目である事を正直に伝えましょう。

他で査定を受けたことがあるとか、相場を知っているなど中途半端なことは言わず丁寧にわからないところは聞くようにします。

あとで会話の中で話が噛み合わなくなってきたりして、結局業者からも信頼されなくなり良い金額が提示されません。

金額だけ聞かれることを業者は嫌う

買い取り店に求める事は、査定額がいくらなのかを一番知りたいはずです。

しかし業者は簡単にハッキリした金額「〇〇万円です!」と提示する事は初めて査定する客にはしません。

なぜならそのA社の金額情報を持って他の買い取り店B社に行き「A社で〇〇万円と言われたけどそれ以上出せます?」と言われれば簡単にA社は負けてしまうからです。

要は最初の金額の目安に業者はされたくないという事です。

交渉について重要なポイント

ズバリ営業マンとのコミニケーションです。

買い取り査定は、お店で決まった金額の物を買うのとは違います。

相場はありますが、最終的な金額は営業マンの腕次第な部分があります。

勤務していたときにも上から目線で強気な態度や口調で話して来るお客は早く帰って欲しいので、わざと安い金額を提示して早く帰ってもらったりしました。

相手も人間という事を忘れないようにしましょう。

丁寧で気さくに話しかけてくれる人だと、なんとか希望額に近づけれるような金額を提示できるように本部に掛け合ったりしました。

交渉に使えそうな部分を考えとく

少しでも高くなりそうな交渉材料は使う!

  • 年式が新しい
  • 走行距離が少ない
  • グレードが高い
  • ボディカラーが人気色
  • オプションが豊富
  • 車検が残っている

年式が新しい

新車から何年たっているかは、買い取り査定額において大きな割合を占めてきます。

当然買ったばかりの方が買取相場は高いのは言うまでもありません。

しかし、新車購入時は諸費用や消費税など車の本体価格以外にかかった費用も含めた購入金額から考えると1、2年で売ったとしても思ったより低くなる場合が多いです。

車体本体200万+諸費用税金など50万=購入金額250万
だとしても
200万から減額される。
諸費用等の合計金額から減額されるわけではない。

走行距離が少ない

走行距離も同様に査定額に大きく影響するポイントです。

目安としては1年で1万キロでしょう。

1年落ちなら年間1万キロ以内
2年落ちなら年間2万キロ以内

それ以上であれば「過走行」とみなされ減額の対象です。

目安より少ない走行距離なら積極的にアピールしていくべきです。
同じ年式の中古車で走行距離が多い車の価格を引き合いに出したりとかは有効な手段です。

グレードが高い

グレードとは同じ車でも装備や内装に違いがあります。

もちろんグレードが高くなると標準で搭載されている装備や内装が豪華になり、新車時の本体価格も大きく変わってきます。

自分の乗っている車のグレードをしっかり把握してない人が結構います。

車種によってはグレードの違いだけで30万〜80万以上も新車で買う時に金額の差があります。

プリウスハイブリットでのグレード別による比較

「Aプレミアムツーリングセレクション」
¥3,359,000円
「Eタイプ」
¥2,608,000円

その差約80万円

グレードを調べるにはメーカーの検索ページが便利

自分の車のグレードを調べるには車メーカー別にグレード検索ページが用意されているのでそちらで調べることができます。

こちらのサイトに車検証に書いてある「車体番号」を入力するだけで簡単に調べられます。

ボディカラーが人気色

人気色だと査定額のアップが見込めます。

代表的な人気色

黒、パール、シルバーなど

人気色とは買い取りした業者が次に販売するときに売りやすいかボディーカラーかどうか?という部分が重要です。

外装の色は新車購入の時は数種類の中から好きなボディーカラーを選べます。

中には特別塗装色や、限定色など新車で購入するときにプラス20万円前後の追加費用がかかることもあります。

特別色や限定色など細かい違いに査定する業者が気付いてない場合もありますので積極的にアピールしてください。

しかし、特別色や限定色だからといってどんなボディーカラーでもプラス査定にはならず、個性的なカラーは逆にマイナスになるかも知れないことをおぼえておきましょう。

オプションが豊富

オプション装備には大きく2つあります。

メーカーオプション

ディーラーオプション

この二つの違いはメーカオプションは新車の注文時しか設定を選べないことです。

ディーラーオプションは販売店で付けてもらえる装備と思えばわかりやすいです。

簡単にまとまてみました。表の挿入

オプション装備品は1万円のものから20万円以上の価格のものまでさまざまです。

もちろん掛かった価格と同様の査定額の上乗せは期待できませんが、オプション装備がたくさんあればそれなりの金額アップは見込めますので、交渉材料にできます。

車検が残っている

車検の残りはそこまで大きく査定額に影響しないと思っていた方がいいです。

交渉の最後あたりに車検がたくさん残っているのであと少しアップできませんか?などのダメ押しの一言に使うといいでしょう。

例えば、車検を15万円で取ったばかりだからその分上乗せされるかと言えばそんなことはありません。

では、車検が切れていても価格は変わらないのか言えばそうでもありません。

車検が切れていると業者が買い取りをして車の引き取り作業などする場合に、レッカー車や車載運搬車の手配など余計な経費がかかると考えます。

車検は2、3ヶ月残っている状態で引き渡せるようにした方がいいでしょう。

他の店の査定額に基本ウソは禁止、しかし多少の盛りは交渉には必要!

【例文付き】他の店の金額は伏せておく

交渉を有利に進めるには他のお店で提示された金額はすぐには言わないようにします。

たまに、A社では〇〇だったけどここではいくらになりますか?など聞かれる場合があります。

もちろん手っ取り早く金額の比較に聞くのであれば面倒くさい交渉などいらないのでいいかもしれません。

しかしそれでは買取業社は金額だけ聞いて売ってはくれなさそうだなと判断します。

そうなると、ありきたりな相場の金額かA社と同じような金額の提示しか受けられません。

そうならないためにも、金額次第では売る意思を明確に伝え具体的な金額の提示を受けてから、他での金額を持ち出すなどして交渉を有利に進めます。

提示額を高めに言ったりしない

他の店で査定を受けた金額は大きな交渉材料になりますが、高く買い取って欲しいとはいえ、他では〇〇万以上はつけてくれましたよなど相場よりかけ離れたウソは禁物です。

相手は毎日相場を見ているプロです。そんな高く買ってくれる業者あればそちらで売った方がいいですよ!とあしらわれてしまいます。

もちろんそんな業者はないわけですから自分にとっては不利でしかありません。

多少の提示額の盛りは金額交渉に有利になる

他で受けた査定額を交渉に使う時にウソは禁物と言いましたが、使い方によっては査定アップにつながる方法があります。

それは、数万円だけ他の査定額を盛って伝える!

具体例

何社か査定をしてもらい一番高いところの提示額をもって、再度ここなら売ってもいいと思える業者に行きます。

そこで本当は75万円の提示だとしたら、3万円だけ盛って78万円だったんですよーと伝える。

でも、営業マンの態度が悪いから同じ78万円位になるんなら、こちらの店で売りたいんですよ!

など、同じ価格の78万円ならこの店で売りたいと持ちかけてみます。

そのまま契約できれば実際の最高値よりさらに3万円高く買い取ってくれたことになります。

78万円がどうしても厳しいと言われた場合は、実際の最高値の75万円で交渉します。

ここまで交渉が来ていれば高い確率で75万円て買い取ってくれるはずなので契約するだけです。

3〜5万円くらいの盛った金額なら相場の誤差の範囲なのでウソだと怪しまれることはないです。

車の引き渡し時期について話す

引き渡しの時期で交渉も変わる

交渉では契約後いつごろ車を引き渡せるかによっても金額が変わってくる場合があります。

特に問題がなければ契約後はすぐに車を引き渡せることを明確に伝えます。

早めに引き渡せるならアピールする

業者は必ず車を手放す時期について確認してきます。

希望額に近ければ売っても良いと考えているなら迷うことなく伝えて交渉しましょう。

それはオートオークションと呼ばれる中古車専用のセリが全国で毎日行われているからです。

中古車の相場は週単位、需要が多くなれば日に日に変化します。

そのため査定を受けて相場を聞いたあと2週間など日にちがあいてしまうと金額が下がってしまう事もあります。

もちろん会員制で一般客は入ることはできません。リアルな相場も知ることはできないでしょう。

そこで日々何百台も売り買いされている価格が相場を決めています。

業者はそのオークションで売買されている価格を元に査定額を提示しているので1日でも早く買い取りをして相場が下がらない高く売れるうちに転売して利益を出したいと考えます。

今すぐには渡せない場合はメドだけでも伝える

査定額に納得してもどうしてもすぐには手放せないというケースもあります。

  • 次の車の交渉が進んでいない
  • 新しい車が納車まで時間がある
  • 今すぐに車がなくなると困る

売りたいけれど時期が合わないなどの場合は率直に相談してみましょう。

長期でなけれな業者によっては代車の用意がされていて、先に車を引き渡す事で手放す時期による減額などの問題も解決できます。

それでも引き渡すことが難しい場合はいつ頃までには引き渡せるなどある程度の予定を伝えることは重要です。

希望額をぶつけてみる!

査定を受けてみて思いもよらない安い査定額にショックを受ける人も少なくありません。

  • 思っていたより安い…
  • 〇〇万はあると思っていた…
  • 意外と人気なかったんだ…

そんな時は思い切って「〇〇万円は無理ですか?」とズバリ希望額を伝えてみるのも交渉にも使えます。

あまりにもかけ離れた金額であれば「厳しいですね」と言われるかもしれませんが、相場の範囲ギリギリの金額であれば逆に業者はその金額が契約のポイントなんだと考え、努力してくれます。

希望額に届かなかったら

相場と希望額が大きくかけ離れていて、査定額に不満がある時は諦めて車検が残っている場合は次の車検時期まで乗るという選択肢も考えなくてはなりません。

それでも何とか希望額に近づけたいのであればインターネットの一括査定サイトを利用も検討してもいいでしょう。

これは車の情報を入力するだけで数十社に一斉に査定してもらえるサービスです。

その査定額をメールや電話で金額の連絡をもらえますので、もしかすると店舗では出せなかった金額以上の査定額の提示を受けられる可能性はあるでしょう。

基本相場はありますが細かい金額は個々の査定員の判断によるところが大きいので、より多くの人に判断してもらえるという意味では一括査定サイトを試してみる価値はありそうです。

最後に交渉術のまとめ

いくつかの査定の交渉するときに査定額をあげる具体的な方法を紹介させていただきました。

全部を実際に使える交渉の場面は中々ありませんが、覚えておけば必ず使える場面が出てきます。
元業者側の意見ですので間違いありません。

もう一度車を高く売るための交渉術をまとめてみましょう!

高く売る交渉術

  • 営業マンとのコミニュケーション
  • 年式やグレード、装備品をアピール
  • 他の査定額をはじめは伏せておく
  • 少しだけ金額を盛って話す
  • 引き渡し時期を明確にする
  • 思い切って希望額を伝えて交渉に入る
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
Contents
閉じる